Teacher

幼児教室の必要性と子供の能力や個性について

子供と向き合える機会

Book

妊娠してお仕事を退社された方は数多くいます。出産後も育児や家事に追われ大変です。しかし、経済的に世の中は不況で、旦那の稼ぎだけでは家計が賄えないという家庭もイッパイあるのが現状です。そうなってきた場合、育児が落ち着いてくると、奥様方も働きに出る、いわゆる共働きの家庭が増えています。共働きと言っても簡単はいきません。お子様を見てくれる人がいないと、働きにも出れないのです。そんな悩みを抱える方で、学童保育という選択肢を選ぶ親御さんが増えています。学童保育とは、夕方や子供の学校が終わった放課後に子供を預かってくれる施設です。対象となる子供は、親が働きに出ている10歳未満の子供になります。料金は運営している団体や自治体などで変わってきますので、一度調べてみてから入園させるのがいいでしょう。施設によっては、24時間営業していたり、学童保育施設にお泊りできるところもあるようなので、都合に合わせて、上手く利用することも出来ます。学童保育を利用している他の家庭の子供も多く、いろんな友達ができるでしょう。しかし、大事なのは、親の愛を忘れないことです。子供は、今までずっとお母さんと一緒にお家で過ごしていたところを、働きに出るという理由で預けるわけになります。突然の環境の変化に驚いてしまうお子様もいるでしょう。そのためにも、地域の学童保育についてしっかり調べる必要があり、信頼できる学童保育選びというものが大事になってきます。子供がお家に帰ってきた時には、今日一日何があったか話しを聞いてあげるのも大事です。