Teacher

幼児教室の必要性と子供の能力や個性について

共働き夫婦のお助け

Family

日本では、ひと昔前から共働きの家庭が増えてきました。長く続く不況と、経済的な家庭へのダメージから、以前のように、夫が仕事をして稼いできて、妻は家庭内で専業主婦として夫の帰りを待つといった家族は年々減ってきています。そんな中大変なのが子育てです。妊娠中は仕事ができないので、家に妊婦さんがいるのが当たり前の様になりますが、出産して子育てということになりますと、子供をおぶりながらの仕事やパートなど雇ってくれる企業や会社など無く、どうしても働くという選択肢を選ぶということになった場合、子供は誰かに見てもらわないといけません。実家に預ける事も可能ですが、両親が働いている場合もありますし、パートや仕事の度に毎度毎度というわけにもいきません。そんな中、活躍するのが学童保育です。学童保育は日本全国各地に存在していますが、その内容や料金もお住まいの自治体や地域によって大きく変わってきます。呼び方も学童保育だけでなく「学童クラブ」や「学童放課後キッズクラブ」など様々です。もともと、学童保育とはどういうところかというと、共働き世代のお子様を中心に、放課後や長いお休みの期間中に預かる施設になります。経営や運営元が大きく変わってきますので、その運営側の方針によっても預けきれる時間帯等も変わってきます。料金もピンからキリまであります、学童保育の中には、地域と密着してるところもあり、お菓子やご飯が出てくるところもあるようです。学童保育に預ける事になったにしろ、1番大事なのはやはりお子様です。ちゃんと学童保育に預ける趣旨を分かりやすく説明してあげることが、今後のお子様の未来を決めることになるでしょう。